小児弱視等の治療用眼鏡作成費用の助成

[概要]

医師の診断により小児弱視等の治療用眼鏡(眼鏡またはコンタクトレンズ)を作成され、保険者(健康保険組合など)から療養費(小児弱視等の治療用眼鏡作成費用の7割または8割分)の支給を受けた場合、自己負担分(3割または2割分)が子ども医療費の助成対象となります。

[支給内容]

小児弱視等の治療用眼鏡の作成にかかった費用の保険適用後の自己負担分

[対象者]

医師の診断により小児弱視等の治療用眼鏡を作成した9歳未満のお子さん

[申請できる人]

対象となるお子さんの保護者の方

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「小児弱視等の治療用眼鏡作成費用の助成 (大府市サイト)」をご覧ください。

小児弱視等の治療用眼鏡作成費用の助成 (大府市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく